在宅ワークTOP在宅ワークの種類について
在宅ワークで効率よく稼ぐには、お仕事に応じてある程度のスキルが必要になります。在宅ワークでの報酬は、お仕事の件数に対して支払われるため、たくさんこなせば多くの報酬を受け取ることができます。

また、資格などを持っていれば、仕事の依頼も増えて、報酬の高い仕事もくるようになります。ですから、在宅ワークで本格的に稼ぐなら、ある程度のスキルは必要と思います。

在宅ワークにはどのような種類があるの?

一般的に在宅でお仕事ができる副業・在宅ワークには、次のようなものがあります。

【サラリーマンの在宅ワーク】
・データ入力系
・デザイナーのお仕事
・プログラミング、CAD系
・ネットショップ系
・アフィリエイト
・ライターのお仕事
・翻訳のお仕事
・転売・ネットオークション
・情報商材系

①データ入力系
文字や数字を指示に従ってデータ化するお仕事。べた打ち入力から、各項目を集計してデータ化してもらう業務まで様々なお仕事があります。

②デザイナー
在宅ワーク系のデザイナーには、「WEBデザイナー」や「DTPデザイナー」があります。WEBデザイナーは、ホームページのデザインをするお仕事、DTPデザイナーは、イラストレーターやフォトショップを使って行うお仕事です。

③プログラミング、CAD系
プログラミングやCADはかなり専門知識がいるので、一般的な方には難しいかもしれませんが、その分報酬が高いので経験、スキルのある方には魅力的なお仕事です。

④ネットショップ系
多少の先行投資が必要。最近では、ドロップシッピングという在庫ゼロ、リスクゼロでできるシステムがあるが、システム利用料に月数万円程度かかるので、ある程度見込みがある以外は利用するのは難しいかもしれません。

⑤アフィリエイト
サイト、ブログ、ツイッターなどに広告を掲載して収入を得る方法。収入が発生するには、最低でも1年以上の運営が必要。すぐに稼ぐことは難しいお仕事です。

⑥ライターのお仕事
ウェブライター、テープ起こし、イラストライターなどがあります。ウェブライターは、企業や個人サイトに掲載する文章を書くお仕事。テープ起こしは、テープに入っている音声を文章に起こす作業。イラストライターは、イラストを描くお仕事です。

⑦翻訳のお仕事
日本語→英語、英語→日本語など。翻訳には、人によってそれぞれ訳し方が違うので、ただ訳せばいいというわけではありません。ある程度の文章力も要求されます。

⑧転売・ネットオークション
ほかで安く買って、オークションで高く転売するお仕事。慣れると月10万円以上の売り上げになります。

⑨情報商材系
自分の持っているノウハウを情報商材として売るもの。ノウハウの種類は千差万別。いろんなノウハウを持っている方ならかなり稼ぐことができます。

【主婦でもできる在宅ワーク】
・ブログライター
・商品モニター
・テレフォンオペレーター
・内職・手作業のお仕事
・高収入在宅ワーク「チャットレディ」

①ブロブライター
ブログに感想や意見などの記事を掲載して、報酬をもらうもの。1記事あたり100円~500円くらいの報酬になります。

②商品モニター
企業の新商品などを実際に使用してもらってその感想などを書いてもらうもの。使用した商品はただでもらうことができ、感想などでさらに報酬がもらえるものもあります。

③テレフォンオペレーター
自宅の固定電話を使って、お客様の問い合わせや商品の注文などを行います。

④内職・手作業のお仕事
手作業のお仕事には、様々なものがありますが、一般的なものにテープ張り、梱包、組み立てなどがあります。

⑤チャットレディ
ネット上のキャバクラといったお仕事。男性会員とウェブカメラを通じておしゃべり(チャット)をすることで時給3,000~6,000円程度の高収入がもらえます。お仕事の種類によって、文字チャットのみ、電話のみ、メールのみなどがあります。また、携帯電話でもお仕事することができます。

内職・在宅ワーク