在宅ワークTOP女子高生に人気のバイト/粗大ゴミを収集
最近、大阪の女子高生の間で粗大ゴミを収集するバイトが人気になっているそうです。粗大ゴミを収集してネットオークションに出品したり、空き缶や新聞を拾って業者に引き取ってもらい小遣いを稼いでいる、というもの。

粗大ゴミの中には、まだ使えるものが捨ててあることも多いので、それらを回収してオークションで売れば結構お金になるようです。お金が欲しい高校生にはうってつけの小遣い稼ぎです。

粗大ごみを回収して稼ぐ方法

高校生が親からもらうお小遣いの平均は5,000円程度。ファーストフードやカフェなどでお茶をしたり、映画を見たりすればすぐになくなってしまいます。かといって不況が続く近年、高校生のお小遣いの額も年々少なくなっています。

さらに、高校の中にはバイトを禁止している高校も少なくありません。こうした中で高校生がお金稼ぐのは簡単ではありません。

その点、廃品回収なら捨てられるゴミを減らすことにつながり、お金まで稼げる人気のバイトになっています。

【廃品回収の流れ】
①粗大ゴミの収集
粗大ゴミ収集日の前日に、ネットで売れそうな本や電化製品を集めて収集します。収集は昼間は目立つので、たいてい前日の夜に収集するようです。
②写真撮影
拾ってきたものをネットで転売するために、写真を撮影します。撮影はスマホのカメラで十分です。よく見せるなら白のスーツなどを背景にすると、よく映ります。
③出品
ヤフオクやモバオクなどのネットオークションに出品します。スマホからでも出品できるのでパソコンがなくても問題ありません。
④落札
元がゴミですので売れればすべてが利益になります。また、売れなくても元手がかかっていないため損をすることもありません。

【気をつけること】
粗大ゴミは、ゴミ収集所に出された時点で自治体の持ち物になるので、自治体によっては『資源ごみの持ち去り』となり、条例違反として「窃盗罪」になる可能性もあります。

大阪で流行っているという『廃品回収』で稼ぐ方法も、多少のリスクがあることに注意して下さい。

ちなみに、廃品回収でお小遣い稼ぎをしている女子高生が稼いでいる金額は3~7万円程度のようです。売れるものがわかるようになれば、結構コンスタントに稼ぐことができるようになるみたいです。

内職・在宅ワーク