在宅ワークTOPせどりで稼ぐ/初心者向けせどり入門
「せどり」とは、古本や中古CD・DVDなどを中古ショップで安く仕入れて、ネットオークションで高く売り、その差額を稼ぐお仕事です。元手が少なくて済み、リスクがほとんどないので、初心者の方でも始めやすいビジネスとして人気があります。
 
仕入れる商品は、古本や中古CDなどが一般的でしたが、最近では中古ゲームや中古カメラ、100円ショップで仕入れた商品を売って儲けている方も多いようです。
 
せどりを始めるには、まず自分が興味のある商品を対象にして始めるのが良いと思います。

せどりの特徴・解説

「せどり」は、低リスク・ハイリターンが特徴です。リスクが少ないため、誰でも始めることができ、100円で仕入れた商品が1万円で売れる場合もあり、やり方次第では月数十万円稼ぐことも可能です。

一方、せどりは肉体労働ですので、本格的にお仕事をするにはかなりの体力が必要になります。古本の転売にしても、ブックオフで古本をたくさん仕入れて家に持ち帰り、本が売れたら梱包・発送まですべて自分でやらなければいけません。

ここでは、このようなせどりのメリットやデメリットについて、わかりやすく解説しています。
【せどりのメリット・デメリット】
①リクスが少ない
例えば、古本を転売するせどりでは、オークションで転売する本は、ブックオフなどで仕入れた100円の本が基本になります。

せどりでは、転売する商品を安く仕入れることが基本ですので、CDやゲームにしても100円程度で仕入れる商品を対象にしています。そのため、商品が売れなくてもリスクはほどんどありません。

②ハイリターンである
せどりでは、100円で仕入れた書籍が2,000~3,000円で売れることがよくあります。中には、500円で仕入れたゲームが1万2,000円で売れるなど、売れた場合のリターンが大きいのが特徴です。

中古ショップだけでなく、一般のお店でもセールを利用して人気の商品を安く仕入れて、高く売ることができれば、かなり儲けることができると思います。

③専門知識が必要なく、誰でも始められる
最近では、携帯やスマホから商品の相場を簡単に調べられる『相場検索ツール』があり、お店にある商品を見ながらオークションで相場を簡単に調べることができるようになりました。そのため、商品に対して専門的な知識が要らず、誰でもせどりで儲けることが簡単になっています。

このようなツールは、無料版もありますが、たいていサービスが限定されるので、本格的にやるには有料版のツール(月額1,000~3,000円程度)を利用してほうが良いです。

④オークションの知識が必要
言うまでもありませんが、せどりではネットオークションを利用して転売するので、ネットオークションの知識が必要です。商品の紹介や出品・発送だけでなく、問題が発生した時のクレーム対策まで、ある程度の知識が必要になります。

なお、ネットオークションには、有名なもので「ヤフオク」や「楽オク」、「モバオク」など、いろいろありますが、基本的には、ユーザー会員数が格段に多い「ヤフオク」と「モバオク」を使うのが理想的です。

⑤好きな時間にできる
せどりは、自由度が高いので休日など空いた時間にできる副業として最適です。商品の仕入れは、お店に行きますが、それ以外は自宅でのお仕事になるので、自由度の高い在宅ワークのような感じです。

⑥ある程度のスペースが必要
せどりでは、仕入れた商品を置いておく場所や商品を梱包する場所などが必要になります。たいてい自宅になると思うので、転売する規模によってかなりのスペースが必要になります。

⑦肉体労働であること
本だけでも毎回何十冊と仕入れてくるにはかなりの体力が必要です。また、商品が売れた場合の梱包作業も自分でしなければならないため、せどりの規模によってはかなりの肉体労働になります。

せどりに必要なもの

せどりでは、転売する商品のほかに、出品するためのパソコンや売れた場合の梱包資材、商品の相場を調べるためのツールなど、様々なものが必要になります。

ここでは、せどりをする上で最低限必要なものについて解説します。
【せどりで準備するもの】
①パソコン
商品を転売するためにネットオークションを利用します。そのため、ネット環境の整ったパソコンが必要になります。

②デジカメ
商品を出品する際には、ユーザーがわかるように商品の写真があったほうがいいです。写真は、スマホや携帯のカメラでも構いませんが、より綺麗に撮るには、デジカメがあったほうが良いと思います。

③梱包資材
売れた商品を梱包するために、ダンボールやぷちぷちなどの梱包資材が必要になります。梱包資材は、100円ショップなどを利用すれば安く済みます。

④ネットオークション
せどりをするのには、ネットオークションの申し込みが必要です。最初はヤフオクから始めるのが良いと思います。月額料金がかかりますが、ユーザー数が多いので、商品が目に止まりやすいので、一番売れやすいオークションサイトです。

また、10代、20代の利用者が多いモバオクも合わせて登録しておけば、さらに、商品が売れる確率がアップします。

⑤振込み口座を用意する
商品の代金を振り込んでもらうための銀行口座が必要になります。口座は、ヤフオクを利用する場合は、ヤフーと提携している『ジャパンネット銀行』の口座を利用すれば、手数料が安くなります。

⑥相場検索ツール
商品の相場を調査するために、スマホや携帯で利用できる検索ツールが必要です。検索ツールには、様々なものがありますので、自分に合うツールを見つけてみてください。

内職・在宅ワーク