在宅ワークTOP写真を販売して稼ぐ
写真のネット販売は、最近話題になっているお仕事で、個人で撮影した写真や素材を写真売買サイトに登録し、サイトに登録している会員の方が購入すれば、写真を投稿した方に報酬が発生するというシステムになっています。

サイトの中には、写真のほか個人で作製したイラストや動画なども売買できるサイトもあります。写真販売は、スマホやデジカメなどがあれば誰でも稼ぐことができ、子育てでなかなか時間がとれない主婦の方にも、在宅で空いた時間にできる最適な副業です。

お仕事の流れについて

写真を登録して販売できるサイトはネット上にいくつかありますが、有名なサイトに「PIXTA(ピクスタ)」というサイトがあります。「PIXTA(ピクスタ)」は、580万点以上の写真素材のほか、イラスト素材や動画素材などがあり、購入する場合は1素材525円から購入することができます。

写真を販売する場合には、まず、クリエイター登録(無料)が必要になります。その後、簡単な入門テスト(著作権・肖像権の知識、素材の要件など)があるので、テストによる理解度が一定以上あれば合格となり、素材をアップロード(登録)できるようになります。

【ピクスタで写真を販売する流れ】
①会員登録
ピクスタにアクセスして、クリエイター用の会員登録をします。登録は無料です。
②入門テスト
会員登録後、マイページにログインして入門講座を受けます。講座を受けたら、その理解度を確認する簡単なテストがあるので、これに合格すれば素材を登録することができるようになります。
③素材をアップロードする
マイページから「作品の登録」をクリックして、アップロード画面にジャンプします。アップロードには、画像のサイズやファイル形式、アップロードできる枚数などに制限があるのでしっかり確認しておきましょう。
④審査申請
アップロードした素材は、審査に通過しないと登録することができません。アップロード後は、審査申請をクリックして登録のための審査をしてもらいます。
⑤登録・販売
審査に通過すると、ピクスタ会員が素材を閲覧、購入できるようになります。写真が購入されると、購入金額の一部が報酬として支払われます。

写真の素材には、風景写真、ペットの写真、赤ちゃんの写真など様々な写真があります。人気の写真なら、多くの会員の方に購入されるのでかなりの稼ぎになるかと思います。

なお、投稿した写真は、サイトや広告、書籍、テレビなど様々な用途に利用されます。

ピクスタでの報酬の支払いについて

投稿した素材が購入されると、クリエイターのランクに応じた報酬が支払われます。クリエイターには、販売作品数、売り上げ額などによって「一般クリエイター」「専属クリエイター」「人物専属クリエイター」に分けられます。

なお、報酬はクレジット(1クレジット100円)で支払われ、30クレジット(3,000円)貯まると現金交換が可能になります。

【コミッション率について】
一般クリエイター:34~44%
専属クリエイター:50~55%
人物専属クリエイター:54~60%

その他、独占販売作品やエクストラライセンス(不特定多数の方への配信サービスに利用)で販売された場合にも、コミッション率が異なります。

🔲写真・イラスト販売【PIXTA】
人気の写真なら1枚の写真で数万円稼ぐことも可能!学生、サラリーマン、主婦など、どなたでもお仕事可能。自宅で空いた時間にできるプチ稼ぎとして人気の副業です。

内職・在宅ワーク