在宅ワークTOP季節限定の高収入アルバイト/ビールの売り子
ビールの売り子とは、プロ野球やサーカーの球場でお客さんにビールを売っている女の子のお仕事。正しくは「立会いスタッフ」という職業で、季節限定のアルバイトです。

このバイトの一番の魅力は、固定給のほかに売り上げに応じて給料がアップする歩合制を採用していることです。頑張れば頑張るほど給料がアップするので、短期間でたくさん稼ぎたい方には最適です。

ビールの売り子の特徴を解説

ビールの売り子は、時給が高く「球場の華」でもあるため、若い女性にとても人気のアルバイトになっています。

しかし、肉体的にかなりきつくそれほど簡単なお仕事ではありません。ビールだけでも10キロ以上あり、それを背負って球場の下から上まで歩き回らなければならず、かなり体力がある方でないと大変かもしれません。

始めたばかりの頃はビールを背負うだけでも大変で、球場を1往復するだけで精一杯だそうです。さらに、球場の階段が急なこともとても大変。お客さんの手が上がれば、小走りで階段を上り下りして向かい、ビールがなくなれば取替えに向かう、という過酷なお仕事。

また、天候の影響も受けるので、急な雨や夏の暑い時期に走り回るのは非常に大変です。しかし、初心者でも時給2,000~3,000円、人気の売り子になれば時給6,000円~9,000円、1日で2~3万稼げるので体力に自身のある方は、チャレンジしてみて下さい。

■売り子の給与形態
働く球場や契約内容によって多少異なりますが、売り子の給与掲載はだいたい次のようになっています。
①固定給
出勤するともらえる手当て
②歩合給
売り上げ数に応じてその○%が報酬に追加される制度。販売数に応じて歩合の単価が上がったり、追加ボーナスが支給されます。
③連続勤務日数
連戦の場合、連続で出勤するともらえる手当て
④皆勤ボーナス
毎月全試合出勤すればもらえる手当て

売り子の給料はこのような報酬が組み合わさって実際の給料が支払われています。

↓ビールの売り子のアルバイト募集情報


なお、テレビで活躍しているタレントの『おのののか』さんも以前ビールの売り子で働いたことがあるそうです。彼女によると1日の売り上げの最高は400杯だそうです。

平均的な売り子さんで1日100杯前後、時給にすると2,000円~3,000円程度。トップの売り子になれば1日200~300杯ほど売るそうで、1日で2~3万円、時給にすると6,000円~9,000円稼ぐようです。

月収にすれば月に12日程度、1日3~4時間の出勤で平均的な売り子で月10万円程度、トップになれば月収30万円も稼げます。

内職・在宅ワーク